ふるさと納税では2000円という金額をよく聞くと思います。
端的に言うと、ふるさと納税は2000円の寄付をすることで、
寄付をした地方自治体からお礼の品が貰えるという仕組みです。

では、複数の地方自治体にふるさと納税を申し込んだ時の費用はどうなるでしょうか?
一般的には、「2000円×申し込んだ自治体の数」と考えるかとおもいます。
しかし、地方自治体の数は全く関係ありません。
たとえ1つの自治体であっても、4つ・5つの自治体であっても
2000円のコストで済んでしまいます。

寄付した自治体数に関わりなく、コストは2000円と考えるとすごくお得。
そして、寄付が教育だったりインフラ整備だったり、
目的を指定することもできます。

何に扱われているかわからない税金ではなく、
自分が寄付したお金が具体的な事に役立っていると思うと嬉しいですよね。